Toshiba

Japan

    METALSPECTOR™/AI金属組織試験自動化ソリューション AI等級判定サービス

    製造可視化、分析、AI
    多様な教師データに基づいて学習したAIが、クラウド上で等級判定を行うことで、現場の熟練検査員の目視検査に近い認識精度を実現します。
    提供元
    東芝デジタルソリューションズ株式会社
    概要
    検査データのコンプライアンス意識の高まり

    鉄鋼メーカー、鉄鋼を加工して部品を製造する部品メーカーでは、対象製品の加工内容に合わせて最適な金属材料を選ぶために、機械的性質(強度、硬さ、疲労特性など)を解析し鋼材の製品品質を管理しています。鋼材の一部を顕微鏡で観察し、金属組織の形状や分布から等級分けを行う試験が金属組織試験です。目視による検査が主体で、このような人間の感覚で行う検査(官能検査)を自動化するのは困難とされてきました。近年、検査データの改竄(かいざん)防止などコンプライアンスへの意識が高まり、人を介さず検査を実行する自動化の検討が開始されています。

    価値
    “匠(たくみ)の目を再現”

    官能検査を自動化するために、AIを活用した高精度な画像解析手法を開発し、鋼材メーカー様と評価を進めています。東芝アナリティクスAI「SATLYS™(サトリス)」を活用し、熟練者の知見を盛り込んだ多様な教師データに基づいて学習したAIが、クラウド上で鋼材品質の結晶粒度の等級判定を行うことで、現場の熟練検査員の目視検査に近い認識精度を実現します。このような“匠(たくみ)の目を再現”した熟練の判定を誰もが利用できる、モデルやデータ、ノウハウの共有に向けクラウドシステムを活用したサービスです。

    「TOSHIBA SPINEX」とは
    東芝IoTリファレンスアーキテクチャーに準拠したインダストリアルIoTサービスの総称です。

    詳しくは東芝IoTリファレンスアーキテクチャーとはをご覧ください。

    SPINEXの名前に込めた思い

    “SPINE” + “X”
    SPINE とは脊椎(せきつい)を意味します。

    人の身体を中心で支える脊椎。脊椎は、全身に神経をめぐらす脊髄(せきずい)を内包しています。エッジコンピューティングは、まるで人間の反射を担う脊髄のように隅々まで制御を行き渡らせることで、すばやく判断し処理します。

    お客様のビジネスを支え、現場ですばやく適切な処理を行う。そんな脊椎のようにインダストリアルIoTの重要な骨格となって企業や社会に貢献し、人びとの活動を支える存在になりたいという想いを込め、さらにその先の広がり(eXpand)や経験(eXperience)、他の価値やサービスと掛け合わせる “X(cross)” を加え、東芝IoTリファレンスアーキテクチャーに準拠したインダストリアルIoTサービスの総称を “TOSHIBA SPINEX” と名付けました。

    東芝IoTリファレンスアーキテクチャー基準の2つの柱

    APIサービスがそれ自身で閉じているのではなくインターフェイスを持ち、サービスオーナー以外がそのインターフェイスを利用することで新たな価値を生み出しうるアーキテクチャーになっていること。
    セキュリティサービスのセキュリティに関し、システムセキュリティのグローバル標準に基づき顧客への説明ができる準備ができていること、その説明によって、顧客自らが、自身のビジネスのセキュリティ要件を当該サービスが満たしているか・いないかを判断できること。