Toshiba

Japan

    TOSHIBA SPINEX for EnergyエネルギーIoTサービス

    エネルギープラットフォーム
    TOSHIBA SPINEX for Energyは、これまで蓄積してきた知⾒を活⽤した、共創により課題を解決するデジタルサービスです。お客様の業務や環境に合わせて最適な構成を共に検討しながら、お客様の業務の効率化とカーボンニュートラルの実現を⽬指します。
    提供元
    東芝エネルギーシステムズ株式会社
    概要
    エネルギー関連の課題を、
    共創により解決するデジタルサービス

    私たちは、⻑年にわたり「エネルギーをつくる、おくる、ためる、かしこくつかう」ための機器・システム・サービスを提供してきました。TOSHIBA SPINEX for Energyは、これまで蓄積してきた知⾒を活⽤した、共創により課題を解決するデジタルサービスです。すぐに使える「標準サービス」「ソフトウェア部品」を揃えており、お客様の業務や環境に合わせて最適な構成を共に検討しながら、お客様の業務の効率化とカーボンニュートラルの実現を⽬指します。

    価値
    TOSHIBA SPINEX for Energyの特⻑
    Toshiba IoT's strong points
    サービスの提供イメージ
    Toshiba IoT's service proposal sample visualization screens
    TOSHIBA SPINEX for Energy ラインナップ
    IoT service lineup
    詳細
    ユースケース1.
    集中監視

    様々な情報を収集・管理し、
    お客様の環境に適した監視画⾯を提供

    ーお客様の管理業務に必要なデータを集約
    ー各拠点の異常有無を可視化
    ーインシデント発⽣履歴と対応スケジュールを表⽰

    use case 1 illustration
    ユースケース2.
    O&M⽀援

    点検データのデジタル化により、点検業務を効率化・無⼈化

    ーデータの⼀元管理により、
     過去データの参照や報告書作成を効率化
    ー⼈でないと難しかった異常検出をAIを活⽤して無⼈化

    use case 2 illustration
    ユースケース3.
    予測・最適化

    複数の発電所や燃料基地等の制約を満たし、
    燃料費・排出CO₂を最⼩とする最適発電計画の⽴案が可能

    ー設備情報を繋ぎ合わせてモデル化し、燃料費・CO₂削減の
     ⽬標を達成する各設備の出⼒や時間などを算出

    use case 3 illustration

    「TOSHIBA SPINEX」とは
    東芝IoTリファレンスアーキテクチャーに準拠したインダストリアルIoTサービスの総称です。

    TOSHIBA SPINEX は、持続的な価値創造 に貢献します。東芝の戦略もご覧ください。

    SPINEXの名前に込めた思い

    “SPINE” + “X”
    SPINE とは脊椎(せきつい)を意味します。

    人の身体を中心で支える脊椎。脊椎は、全身に神経をめぐらす脊髄(せきずい)を内包しています。エッジコンピューティングは、まるで人間の反射を担う脊髄のように隅々まで制御を行き渡らせることで、すばやく判断し処理します。

    お客様のビジネスを支え、現場ですばやく適切な処理を行う。そんな脊椎のようにインダストリアルIoTの重要な骨格となって企業や社会に貢献し、人びとの活動を支える存在になりたいという想いを込め、さらにその先の広がり(eXpand)や経験(eXperience)、他の価値やサービスと掛け合わせる “X(cross)” を加え、東芝IoTリファレンスアーキテクチャーに準拠したインダストリアルIoTサービスの総称を “TOSHIBA SPINEX” と名付けました。

    東芝IoTリファレンスアーキテクチャー基準の2つの柱

    APIサービスがそれ自身で閉じているのではなくインターフェイスを持ち、サービスオーナー以外がそのインターフェイスを利用することで新たな価値を生み出しうるアーキテクチャーになっていること。
    セキュリティサービスのセキュリティに関し、システムセキュリティのグローバル標準に基づき顧客への説明ができる準備ができていること、その説明によって、顧客自らが、自身のビジネスのセキュリティ要件を当該サービスが満たしているか・いないかを判断できること。